スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三国峠多治見ツーリング

SN3B0744.jpg
ナチュラルでは珍しい「峠走破」を目的とした硬派?なツーリング
目指すは愛知岐阜県境、瀬戸市土岐市多治見市にまたがる標高721mの三国山
名古屋市内で集合し9時発
愛地球博公園手前で右折し豊田市方面に向かい三国峠のある山並みを迂回するように東へ
平戸橋から矢作川沿いを北上、木瀬ダムから北上しながら三国峠を越え多治見に下る

木瀬ダムまでは緩やかな起伏の郊外の山間コース
サイクリングのような心地よさでのどかな風景の中を走る
SN3B0747.jpg
木瀬ダムからはいよいよ峠越え
約8kmを各自マイペースで上る
淡々と、ヒザをスムーズに落とすように、息が上がらないように空気をたくさん吸ってたくさん吐く
ここまで体力を温存してきたため調子がいい
5kmすぎても6kmすぎても足が悲鳴をあげることなく
一定の速度のまま峠を越えられた
ひと足先に登頂した隆さんと、タマとほぼ同時に登頂したコウちゃんは
後続メンバーを見に引き返す。余裕である。タマはその間休ませてもらった
後続も10程度の時間差で順調に峠越え
ナチュラルの女性陣も確実に実力をあげている

峠にある三国茶屋でじねんじょ料理でお昼ご飯
あとはひたすら多治見に向かって下り「天光の湯」で露天風呂を満喫して
中央線で輪行して千種まで帰ってきた
多治見駅

最低気温1度、最高気温9度
ヒートテックなし。足の使い捨てカイロなし。
ネックウォーマーは最初の1時間で不要になり、アンダージャージをは峠の手前の休憩で脱いだ。
さすがにアンダージャージなしでは峠からの下りでは多少寒い思いもしたが、一時の寒さに比べれば快適な1日。
朝と夜間はウィンドベスト着用。

ナチュラルのメンバーは坂や峠は嫌いだったのだが、峠大好きのコウちゃんにインスパイアされ
今ではレベルはまちまちだがそれぞれのレベルでヒルクライムにひるまずチャレンジしている

のんびり楽しいサイクリングもミニヒルクライムもある
ハードに自分を奮い立たせたあとに温泉でまったり
この緩急自在さがナチュラルの真髄

今回も企画、下見担当の隆さんに感謝
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タマ

Author:タマ
まずは自転車から ゆくゆくは料理、映画など好きなものも(の予定)
単身赴任の名古屋初心者

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。