スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレック マドン7試乗

トレック マドン7

アメリカンブランドの雄、トレック
個人的には圧倒的な資本力とマスセールスの上に成り立つ
完成度と満足度の高い工業製品を送り出すブランドというイメージ

そのフラッグシップ マドン7
トップ選手がレースで使う機材を
果たして乗りこなせるのか(笑

乗ってみると意外なことに乗り心地がいい
それもフワフワした感じではなく
しっかりと路面をとらえているというダイレクト感のある
乗り心地の良さ

しかし、その乗り心地の良さからは理解できない事実として
相当高い剛性を持っていることを主張する「踏みごたえ」が同時に存在する
そんな「違和感」を抱えてのスタート

幸い「乗りこなせるのか?」という不安は走り始めてほどなく解消される
大丈夫、このフレームはあなたを拒絶するようなことはありません(笑

脚力に自信のない筆者でも気おくれすることなく前に進ませることができる
ただ、そこは一流選手も乗るフレーム
漫然と流すような乗り方では
「ったく、そんなんじゃ やる気おきねえよ」
とばかりにフレームはその真価を発揮してはくれない

こいつが真価を発揮するのはこちらが「本気を出した」とき

車のいない堤防道路で、前方に青信号を発見
ここは常に赤信号で止まるポイント
これを逃すと次の青まで長時間待たされる
急げば間に合う!とダンシングで必死にスピードを上げた

するとどうだろう、自分の力以上に加速するような快感が、、、
「俺はこんなにすごい加速力を持ってたのか」と勘違いする快感(笑

しかし信号は黄色に変わり、、ブレーキ性能の確かさを確認(笑

この快感は上り坂を攻めるときもやってくる
いつもは後半たれてしまい、なかなか一定のペースでは上りきれない竜泉寺の坂で
力が無駄なく上りのために使われている実感とともに気持ちよく上っていく

ノーマルクランクのこいつが
コンパクトクランク+27Hを装備している自分のバイクより
楽しく上れるような気がするという不思議

これがフラッグシップモデルの凄さなのか

コーナーやオーバー50km/hで下るようなの長い下り坂では
「乗り心地のよさ」が「無類の路面追従性」として機能し
まるで路面に吸い付くかのような抜群の安定性を体験させてくれる

反面、無理しない速度での巡航は楽しくない
いや、正確には
本気で加速する時、本気で坂を登るときの快楽があまりにも強すぎて
本気出してないときが退屈なのだ

試乗中終始「ああ、俺にもう少し脚力があればなあ」
との悔しさが付きまとったのも事実
脚力とスタミナがあれば、もっと自在にバイクを加速させ
この快感をもっと長く味わうことができるのだから

実力以上に快感を求めた結果だろう
たった1時間半の試乗だったにも関わらず
翌日の筆者の太ももはパンパンに張っていた(笑

試乗終了後の実測は6.6kg(ペダル&ボトルケージ込み)

意外でもあり当然でもある

坂で気持ち良く登れるのはこの絶対重量の軽さが寄与しているのだろう
しかしこんなに軽量な機体からは想像できない
加速時のガッツリした踏み応えや
しっとりと路面に吸い付く乗り心地も同時に実現している
軽量なフレームで相反する複数の目的を実現するために
相当なお金をかけているな、と思わせるフレームだ


そんな乗り心地のよさまで手に入れられる「加速を快楽に変えるマシン」のお値段
トレックご自慢のプロジェクトワン塗装のチョイスで変わるが
フレームでおおよそ50万円

試乗してしまうと決して高くはないと思えてしまうのが悔しいところである 
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タマ

Author:タマ
まずは自転車から ゆくゆくは料理、映画など好きなものも(の予定)
単身赴任の名古屋初心者

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。