スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コルナゴ C59 試乗

M_09.jpg

C59といえば言わずと知れたコルナゴのフラッグシップモデル
きっとバリバリにレーシーなフレームで
筆者にはオーバースペックで
試乗してみたものの「全く歯が立ちませんでした」
という情けない結果も覚悟しての試乗(笑
提供:ワイズロード名古屋

約1時間のインプレは

???
 ↓
!!!
 ↓
(゚∀゚)

こんな感じ(笑


走りはじめると、絶対ありえない話だが
まるで入門機のようにアタリが柔らかい
極めて乗りやすく快適な印象
これでフラッグシップ?と、肩すかしをくらってしまう

初心者にも「どうぞお乗りください」と手をさし伸べてくれる
そんなハイエンドモデルらしからぬ優しさを感じる
でもそんなはずはない
トップ選手がレースで使うフレームが、初心者向けの快適性重視の設計なはずがない
いったいどういうことだ?


本気で踏めば本性を現すに違いないと
堤防道路に連れ出してみる
スルスルっと35km/hくらいまで加速して快適に高速巡航
普通のハイエンドモデルはこの速度になるとフレーム剛性に徐々に脚が負けてくるのだが
依然として快適
踏み込むペダリングでも回すペダリングでもスイスイ進む
ポイントを探り当てないと進まないなんていうこともない

フレームの剛性がどうとか
適度なしなりがどうとか
そんなことは意識に入ってこない

カーブでも荒れた路面でもちょっとした坂でも
何も考えずに自分のペダリングをすればそれでいい
それだけで気持ちよく前に進む

結局、このフレーム
初心者から上級者まで、乗り手のレベルを選ばないフレームなのだ
パワーライダーが乗れば存分にパワフルな走りができるにも関わらず
初心者が乗れば初心者なりの気持ちいい走りが楽しめる

普通のフレームのインプレだと「しなりながら進む」とか「踏んだときガツンと加速する」
みたいなフレーズでそのフレームの個性を説明したりするが
このフレームは次元が違う気がする

硬いとか柔らかいとかいう尺度ではなく
ソフトな入力に対してはソフトに受け止め
ガツンとした入力に対してはガツンと受け止める変幻自在なフレーム
誰が乗ってもどんな乗り方をしても高効率かつ気分よく進んでくれる
硬くも柔らかくもない、マジックのようなフレームである

速さだけだったらこのモデルに対抗できるモデルもあるだろう
しかし、一般のホビーライダーをここまで気持ちよくしてくれるモデルはなかなかないと思う

試乗したのはコルナゴがカタログにラインナップしている完成車で
シフトは電動(スーパーレコードEPS)
スーレコEPS

ブレーキは油圧ディスク
ブレーキ

これらの贅沢太り(?)のせいか試乗車の重量はペダルレスで7.1kgもある
しかし乗った感じは6kg台と言われれば信じてしまうほど軽いというマジック

そして「乗り手を選ばないトップグレードモデル」が存在するというマジック

これらの魔法のお値段、180万円(+税)
フレームで57万円(同、ノーマルブレーキ用)

価格にはマジックがないようだ(笑


自分
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タマ

Author:タマ
まずは自転車から ゆくゆくは料理、映画など好きなものも(の予定)
単身赴任の名古屋初心者

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。