スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコットに決定

スコットスピードスターS20に決定
142800円税込み、引取りは8/16の予定
ほぼ同価格のリドレーコンパクト(ティアグラ仕様)とは最後まで迷った
ともに「ハイドロフォーミング」という手間のかかる製法のアルミフレーム
スコットでいうとS30以下のモデルでは普通の製法のアルミになる
スコットのフォークはカーボン リドレーはアルミのようだ
パーツはリドレーはティアグラで揃えている
対してS20はRディレイラーがアルテグラでシフター、Fディレイラーは105
ブレーキやクランクはシマノのナンバーモデル(R560とかR600とか)で
バラバラ
試乗してみると(スコットは下位モデルのS40で試乗)
わかりやすいスコット に対して
永くつきあえそうなリドレー
という感じ
あくまで個人的な感想で人によっては全く違うことを承知でいうと
ヨーロッパブランド(コルナゴ、ピナレロが代表)には
数式や数値では表せない人間味を感じる
例えばコルナゴEPSで加速していくときに、自分の脚力以上の加速が体感できたりとか
対してアメリカンブランド(トレック、スコットが代表)は工業製品として優秀なマシーン
人間味といえば聞こえはよいが要は「あいまい」な部分を排し
数式や数値で表せる性能を突き詰めて作っている感じ

ベルギーブランドのリドレーにはアメリカンとヨーロピアンの中間のような
キャラクターを感じた
コルナゴほど人間くさくはないがスコットよりは「非機械的」な人間味が感じられる
アメリカンとヨーロピアンを左右とすると、ちょうど真ん中、ニュートラルポジション
もともとあまり色がついていないがポテンシャルは高いので
乗り手次第でどんどんキャラクターが進化していくような可能性を感じた

なのだが、、、

最後にわがままを言ってもう一度スコットに4kmほど試乗させてもらい
スコットに決めた
やはり乗ればすぐに「軽くてよく進む」ことが実感できるスコットのわかりやすさ
この「わかりやすい長所」が「永くつきあえそうな将来性」を結局は凌駕した

つくづく思うのは「購入するバイクを試乗したバイクの中から選べる」幸運
ワイズ名古屋店さん 多くの試乗機会を作っていただきありがとうございました

わたくしタマのスコットスピードスターのお披露目は
天気しだいですが8/22のサンデーライドになりそうです
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

楽しみにしてます!

タマさんv-315
とうとう相棒をゲットですねv-69
22日楽しみにしてますv-342

次は

おめでとうございます。
ウェアデビューも楽しみですね。
Y'sロードにも手頃なのがいろいろありますよ。

Re: Re: 楽しみにしてます!

> コメントいただくと
> こんな初心者ブログでも
> なんとなくブログとして一人前のような気分になります(^。^)
> これからもよろしく  タマ

Re: Re: 次は

> コメントありがとうございます
> ウェアデビューですか
> どうもサイクルジャージには抵抗があって、、
> でも よっさんがペダリングは断然快適になると
> おっしゃてたので下だけでも近いうちに試してみようかと
> よっさんスタイルを参考にさせてもらいます!
プロフィール

タマ

Author:タマ
まずは自転車から ゆくゆくは料理、映画など好きなものも(の予定)
単身赴任の名古屋初心者

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。