スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMC GF02 試乗

120805その1

ワイズロード名古屋でBMCの2013年モデルに試乗させてもらった

SN3B2152.jpg

試乗したのはGF02というアルミフレームモデル(105仕様)
80km以上のロングライドの結果はいかに

漕ぎ出しは軽快、しかも乗りごこちがいい
自分で漕いだ分だけ素直に進んでくれる
これなら初心者にも走ることの楽しさが
わかりやすく伝わると思う

20kmほど走った時点で自分のバイクと比較して感じたのは
乗り心地がいいのに応答性に優れていること

乗り心地がよくなると路面のインフォメーションが伝わってこなかったり
操作フィーリングにダイレクト感が欠ける傾向があるものだが
そのあたりの応答性を犠牲にすることなく段差や凸凹を上手に吸収してくれている

完成車売りのこのモデルのアッセンブルがあえてちょっと太めの28Cタイヤなのは
スポーティを犠牲にしない乗り心地の良さがギリギリ成立する見事なチョイスだと思う

BMCというと個人的には「素人お断り」的なスパルタンなイメージだったが
このモデルに関しては初心者にも優しく誰が乗っても楽しいという印象
メーカーイメージを修正しなくてはならないようだ

最新モデルだけあってS20よりかなり軽量なのだろう
平地巡航では悔しいが自分のS20よりよく進む
バイク本体を手で持った時に軽い!と感じるバイクと
持った時は特段軽くは感じないが乗ってみると軽い!と感じるバイクがあるが
こいつは明らかに後者

だが峠道の上りに入るとそれまでの軽量感が感じられなくなり
正直自分のS20とさして変わらないかS20のほうがむしろラクな感じ
ホイールの違い(S20はデュラエース、GF02はR500)がでたのかなと推測

下りは非常に安定していて「体を任せられる安心感」がある
このへんも初心者にはありがたい性能だ

この日は盛りだくさんな試乗で未舗装区間も走らされた(笑
120805その2

驚いたのはかなりのスピードで突っ込んでいく梅さんについていけてしまったこと
S20では振動でハンドルを抑えきれなくなり減速する道だ
28Cタイヤとフレームの振動吸収性のおかげで悪路でも手がしびれることもなく
タイヤがきちんとトラクションを維持しているのがわかる

まあ、通常悪路でスピードを競うことはないので、いらない性能?かというとそんなことはなくて
舗装路では高い路面追従性を発揮してくれるありがたい武器となる

「よくできたアルミフレームはへたなカーボンフレームを凌駕する」を持論とし
スコットS20を愛車とする筆者
ではCAAD10との比較ではどうか

軽さ CAAD10
レスポンス 互角?
乗り心地 GF02
安定感、安心感 互角?

この2台、価格帯も近いようだしよきライバルである

店に戻ってからちょっとしたサプライズが

平地でよく進む点が、軽さが印象的だったCAAD10と似ていたので
勝手にS20より軽量なバイクだと思っていたが
実測したら8.9kg(ペダル、ボトルケージ込み)
なんと自分のS20(8.5kg、同)より重いバイクだった

自分のバイクより重くても軽くてよく進むと感じて乗っていたのだ
走りの軽さは単純に車体重量だけでは決まらないことを実感
これだからロードバイクは乗ってみないとわからない

反面、絶対重量がモノをいう登り坂ではS20のほうがラクだと感じたのは当然か

もしミドルグレード以上の軽量ホイールを装着したら
速さと乗り心地がどう変化するのか、興味がわく

結論として「よくできたアルミフレーム」が好きな人ならきっと気に入る魅力的モデル
特にCAAD10の購入を検討中なら決める前に乗ってみるべき一台

もし自分がこの2台のどちらかの選択を迫られたら、、、、
相当悩むことは間違いない

これだけいろいろなシチュエーションで走れる試乗もなかなかないが
それだけにGF02の守備範囲の広さがよくわかる試乗だった

120805.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

スゴ!

なんか凄すぎです。何度読んでもプロ技です。
サイスポに投稿してもいいですか?(笑)
インプレ読んでるとホント乗ってみたくなります。
プロフィール

タマ

Author:タマ
まずは自転車から ゆくゆくは料理、映画など好きなものも(の予定)
単身赴任の名古屋初心者

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。