スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊吹山ヒルクライム

ボツゴールのミオSN3B1813


サーキットのエンデューロレースやクリテリウムは経験があるが
ヒルクライムレースは初挑戦
伊吹山ヒルクライム公式HP

昨年夏にワイズ有志で勝手に乗鞍ヒルクライム
経験はあるものの、レースとなると緊張感が違う

集合場所の関ヶ原町役場
スタート地点のブース

スタートの人人人SN3B1806

今年から参加者の増加に対応して午前と午後に分かれて実施される
エントリーした50歳以上のカテゴリーや女性のカテゴリーは午前
20代、30代、40代のカテゴリーは午後
午前午後あわせると参加者は3400人を超える

午前組の3人「いざ出陣!」
いざ出陣

この後、スタートを待つ間にサンデーライド仲間のokamotoさんやT本さんとも合流
午後組のU村君に見送られてスタート地点へと向かう
並びます

伊吹山看板

本来は全長17km標高差1075m、平均勾配6.3%のコースだが
雪の多かった今年は山頂付近の道路除雪が間に合わないため短縮コースでの開催
距離12km。大まかに推測すると標高差700m、平均勾配5.8%くらいか

昨年の乗鞍が20kmだから12kmならあっという間だろう、ということで
作戦も目標タイムもなし

T先生の「自分との戦いに勝つことです」のみをココロにスタート

T先生とokamotoさんとは同時にスタート
T先生がスタート直後に視界から消えるのは予定どおり
悔しいがこの差はあきらめるしかない

okamotoさんはやや後ろ

第一目標は先発している女性2人(4分前にスタートしているGREENさんと
6分前にスタートしているT本さん)をキャッチアップすること

常に周囲にはロードバイクが行き交う
自分より遅いバイクを抜きつつ同時に自分より速いバイクに抜かれていく感じ
ほとんどが孤独な時間だった「勝手に乗鞍」とはえらい違い
これがレースか

スタートしてほどなく女性陣に追いつけると思っていたのだが
走れど走れど姿が見えない

知っている参加者の背中を視界にとらえると
不思議に疲れていてもエンジンブースターがかかるもので
何よりも知り合いと一言二言でもいいから言葉を交わせるのは励みになる

なので、
すがるような気持ちでT本さんGREENさんの背中を探しながら走る

ようやくT本さん発見
塚本絵美

GREENさんはもっと前にいますよ、との情報

いやいや、まってよ
すでに8km地点

序盤の3kmか4km地点で見つける予定だったのに、、、

この調子だとゴールまでにGREENさんに追いつくのは無理?
予想外の展開にダウンしそうなモチベーション

とにかく進むしかない
ふと周囲に眼をやれば標高があがっているのが実感できる景色
はるか下に関ヶ原の町並みがきれいに見えたり、遠くに琵琶湖が見えたり
雨の乗鞍では味わえなかったヒルクライムの醍醐味のひとつを味わう

そうこうするうちに早くも「あと1km」の看板
そして「あと300m」の看板

見えた!50mくらい先にGREENさんの背中
よし、ブースター全開!

??
疲れてエンジン回りません

ダンシングに切り替えて必死にもがき、なんとかゴール前100mでキャッチアップ
多久島美登里

残雪の残るゴール付近でギリギリの目標達成(結局目標になっていた)

ゴール5人

リザルト 51分00秒 197位/388人 平均14.11km/h

T先生 38分42秒 29位/388人 平均18.13km/h
さすがです
GREENさん 58分00秒 45位/75人 平均12.41km/h
これもビックリ記録です
今までのツーリングではわからなかった真の実力が出現

タマは一から出直しです

それから3時間後、午後の部を終えてU村君が待ち合わせ場所に帰還
かあさんただいま

U村君 41分11秒 137位/334人 平均17.48km/h

みんな頑張りました



付録

この日、関ヶ原付近は桜が満開
午後の部のU村君を待つあいだ、近くの南宮大社でお花見

しだれ桜1

しだれ桜2

しだれ桜3

桜下美人

桜の下に笑顔

U村君ありがとう
おかげで見事なしだれ桜を味わうことができました
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お疲れさま(^o^)/

ゴール手前でダンシングできる余裕があれば逃げ切れた!?
いやいや…もちろん!もう無理でしたから(*_*)
ダンシングで私を追い抜いていくタマさんが羨ましかったなぁ~(^_^;)

お疲れです

とにかく最高の天気でしたね。
暑くもなく寒くもなく風もなく
そして眼下に広がる景色も最高!
12キロでも後半は辛かったけど
12キロで終わってしまうのが
ホントに惜しかったぁ~
どうせならあと4キロ
頂上まで走りたかったです。
来年こそは山頂ゴールでフィニッシュしたいです。

今度こそ

GREENさんもT先生も
すばらしい戦績でしたね

7/1の美ヶ原では自分で自分を褒めてあげれれるように
頑張ります
プロフィール

タマ

Author:タマ
まずは自転車から ゆくゆくは料理、映画など好きなものも(の予定)
単身赴任の名古屋初心者

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。