スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春分の日サンデーライド「のどかな地獄」って何?

集合

快晴に恵まれるも気温は低め
この日の予想、名古屋市内で
最低気温0度、最高気温13度
市内よりも2~3度低いエリアを走る予定なので
二度もしまいこんだ冬用ジャージを引っ張り出して着用

なかなか春が来てくれない

豊田市鞍が池公園に12名が集合
iza.jpg

コース


峠、峠、そして起伏。
ハイペース、強い向かい風。
朝の寒さ、昼の暑さ。

そりゃもうハードな96kmだった

ワイズロード名古屋「速い組のレポート」参照

例によって鬼教官 師匠梅林に率いられた速い組は
キングオブマウンテンのT先生、LOOKのH本さん、SuperSixEVOのA部ちゃん、そしてタマ

まさかの4人だけ(焦

タマ以外の3人は、ここだけの話
坂はきつくないと、ペースは速くないと燃えない人達

普段は慎重に参加者のレベル感を見極める梅さんも
今日はなにか手放しで嬉しそう

前途多難の予感

最初の難関はスタートしてから15kmほどの地点から始まる峠道
これで11%

あれよあれよという間に1人置いていかれる

このメンバーでは置いていかれるのは覚悟だが
やはり視界から消えていく4人を目の当たりにすると
この差はいったいどうすれば縮まるのかと悩む

峠が終わり合流して最初の下りの道中
猛スピードでT字路を右折したとき
チラッと視界に入ったのがゆっくり組の面々

短縮コースで結果的に先着していたので我々を待っていたらしい

が、なんかフツーでないテンションの梅さん、T字路で合図をだす水野さんを
無視して通過
梅さんに付いていくのに必死の我々4人も同じく通過

そのまま三河湖を周回する林間コースへ

ここは走ったことがあり起伏や距離がイメージできる区間なので安心
確か軽い起伏で車は来ないが曲がりくねった細い道
なので通常のハイスピード巡航なら十分ついていけるハズ

が、今日の梅さん、ひとつふたつネジがはずれてまして

林間コースを走っているうちにテンションアップ
どんどんペースをあげ、しまいには意味不明な奇声を発して全開モード

気心の知れた遠慮する必要のない4人しかいないという状況ゆえか
ショップ(主催者)のホストが
ゲスト(参加者)全員をマジで振り落としにかかるという暴挙(笑

もちろんまず最初に千切れたのでタマは見てませんが
あとで聞いたらこの区間終わりの前に全員ちぎられたそうです

野生の猿のような雄たけびをあげる先頭の梅さん
そこに必死でくらいついていくタマ以外の3人
林道を猛スピードで走り去っていく4人を見送りながら
「いったい今のスピードは何?」
と、理解できない状況にしばし呆然

区間終わりの信号で待っていてくれた4人と合流
呆然自失したタマとは違い満足感さえ浮かべている他の参加者

彼らにはホストの雄たけびはご馳走だったようです

この辺はコンビニもあまりないので自販機の前でドリンクの補給
休憩

50kmほど走って「つくで手作り村」で食料補充
お昼

ここから先は下り基調の区間なのだが
強い向かい風の中30km/h以上をキープして10km以上ノンストップ
前の人にピッタリくっついて走ってもキツイ

信号待ちで止まっても口もきけないくらい 限界の走り

太ももだけでなく最近感じたことのない腕の筋肉痛と肩こりもお土産になった

のどかで車も少なく、路面もさほど荒れていない
快晴のこの日、走るのが快感とさえいえるナイスなコースなのだが

普段の自制を脱ぎ捨てた梅さんのガチ走りはもはや凶器ですな

それは甘美な地獄だったのかもしれません

距離96km 平均時速24km  

解散
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タマ

Author:タマ
まずは自転車から ゆくゆくは料理、映画など好きなものも(の予定)
単身赴任の名古屋初心者

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。