スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曽御岳山ツーリング

木曽福島駅
ロビオで木曽御岳山。7月31日に予定していたが順延になっていた
今年の夏は猛暑の日々とでたらめな雨の日々が交互にくる予想不能な展開
今日は参加者全員が降られること覚悟で雨天決行で意見が一致
どうやら5月のスズカと先日の乗鞍で「雨の中を走るのが平気」になってしまった

ルートラボ


出発(輪行)

JR千種駅から特急しなので木曽福島まで輪行
ちなみに季節限定ではあるが木曽路フリーキップという企画切符を利用できたおかげで
通常9000円以上かかる名古屋木曽福島往復がなんと5000円!(提供GREENさん)

駅から走り始めると幸い空は曇り
車も少なく道も走りやすい
木曽福島スキー場を過ぎたあたりからとうとう降りだした
しかし慌てることはない
乗鞍で雨の下りで凍えた経験から雨合羽持参であるからして
みんなで路肩で小休止しながら雨用装備に換装
雨合羽で走るとパタパタとうるさいが、安物の合羽でも充分雨は防げることと
この季節なら上半身だけカバーして濡れるのを防げば
下半身は濡れるに任せても大丈夫だということがわかった

除々に高度があがっていき、周囲の景色が変化していく

お花の横を駆け抜ける

晴れてる時に来たらさぞ景観が素晴らしいコースだろう

ロープウエイ乗り場までの最後の8kmはかなりの傾斜のヒルクライムコース
だが、雨の中20kmの乗鞍に比べれば「8km?楽勝でしょう」と思うことにする
呼吸に気をつけ、できるだけ一定のペースで淡々と

看板の前

標高1560mのロープウエイ駅に到着

雨が降っていても美しく広がるお花畑はなかなか見ごたえがあった
お花畑IMG_0017

帰りの下りも雨が降っていたため速度を落としての下山
雨の中の下山はブレーキの効きが悪く神経を使うが
帰ってからバイクを掃除するときには体力を使う
タイヤ全体とホイール全体と周辺のフレーム一帯に
まるでスプレーで万遍なく吹き付けたかのごとくブレーキダストが付着しているのだ

雨のヒルクライムはちっとも怖くないが雨の下りと掃除はできれば勘弁だ

下ってほどなく雨がやみ、木曽の山並みを眺めながら木曽福島へ
木曽福島駅近くの温泉旅館で日帰り入浴
千種までの帰りの特急車中でおいしい味噌カツ弁当

1,2時間は雨に降られたが、快適な道と装備のおかげでなかなか充実したツーリングになった

距離70km 平均時速16.8km/h
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タマ

Author:タマ
まずは自転車から ゆくゆくは料理、映画など好きなものも(の予定)
単身赴任の名古屋初心者

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。