スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗鞍岳ヒルクライム

SN3B1108.jpg
東海北陸自動車道を高山に向かい3時間。集合地点飛騨ほうのき平スキー場に到着
あいにくの曇り空
今日のコースはここから「乗鞍スカイライン」の終点畳平までの20km標高差1480m平均斜度7.5%
畳平は乗鞍岳(3026m)の山頂直下にあり標高2700m
日本一標高の高い道路の終点だそうだ

ちなみに毎年8月に「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」という
超メジャーなヒルクライムレースがあるが
これは長野県側から畳平までの「乗鞍エコーライン」がコース
距離は同じ20kmだが平均斜度6.15%

Mt.富士ヒルクライムも平均斜度は6%台だというし
7.5%はヒルクライムの中でもかなりきついのだ(知らなかった)

ほうのき平のバスターミナルには畳平の天候が掲示されている
「気温10度 雨」
やれやれ

3つのグループに分かれて時間差スタート
まず女性陣を含む第一グループがスタート
タマは7分後に第二グループでスタート
Umeさん率いる健脚組のスタートはさらに30後

第二グループはコウジさん、InterMaxTさん、U村君などおなじみの面々もいる
なので道中を仲良く楽しめるかと思いきや
Tさんがあっという間にスピードを上げて視界から消えていき
それを追うようにU村君、コウジさんもみんなが視界から消えていき、、、
スタート直後で早くも一人取り残される(焦

スカイラインはこの季節一般車乗り入れ禁止でバスしか通らないので走りやすい
根拠はないが目標を2時間としたので
平均速度10kmの維持が目標
さすがにスタート直後はまだまだ元気なので13km/hくらいで登っている
このペースをキープできれば理想だ

ところがすぐに傾斜がきつくなり、気がつくと7km/hに落ちている
足も重い
第一グループの姿はまだぜんぜん見えない
第二グループの最後尾を走っているわけで
第三グループ健脚組には当然どこかで抜かれる

てことはこのままだと自分が本日のドンケツ?

まずいまずい
なんとか第一グループに追いつくまでは頑張るゾ
と気合を入れたら少しだけ楽になった

しかし第一グループはなかなか見えてこない
斜度のきつい箇所になると6km/hに落ちるし
このスピードじゃ3時間もかかってしまう
足も重いし腰も痛くなってきた
頭に浮かぶのはネガティブな要素ばかり
今日は完走は無理かもしれないなどと弱気になりながら独り旅

そうこうするうちに斜度に応じた走り方が少しずつわかってきた
きつい箇所はダンシング、少しきつい箇所はシッティングでゆっくり
普通の傾斜のところでは13km/hくらいで

30分くらい経過したところだろうか
だんだん足が回るようになってきた
ウォーミングアップが終わって筋肉収縮も血流も呼吸も
全てがスムーズに活発に循環を始めた感覚がある

1時間くらい登っただろうか
やっと待望の第一グループが見えた

姿が見えただけで元気が出てくる
その元気を原動力にして第一グループを追い越した

追い越す時にokamotoさんから
コウジさんはすぐ近くにいますよ
との情報をもらう

そこからはもしかしたらコウジさんに追いつけるかも
というのを心の支えに登る

前方にコウジさんが見えてくる
うれしい

またまた元気がでた

平均速度を見ると10kmくらいだ
いい感じ
距離計はここまでガマンして見ないようにしていたが
ついに解禁してみてみると 12km
よし、半分以上クリアだ

この後の一人旅に変化があったのは
第一グループのライダー2名に抜かれた時

あとはひたすら淡々と登る

気がつくと周囲に木々が少なくなり
傾斜もゆるくなってきた
周囲はガスで景色はまったく見えない中、ゴール
2時間5分だった
SN3B1111.jpg

晴れているときに来て標高2700mからの眺めを楽しみたかったが残念
畳平バスターミナルは想像以上に広く
雨にもかかわらす多くの観光客、登山客、自転車乗りでにぎわっていた

不思議なもので終わってみると2時間が短く感じる
2時間登り続けられることがわかったのは大きな収穫

SN3B1112.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

たまさん、こんばんは。

乗鞍ライド、本当、雨の中でしたが、走り応えがあって楽しかったですね。

また、機会がありましたらよろしくです。

okammoto様

コメントありがとうございます!
長い道中、仲間の姿をみることや追いつくことが
とても励みになる、ということも今回の収穫でした

またよろしくデス

お疲れ様でした。楽しんで(?)頂けたようで、なによりです。今回は自分のコントロールミスでご迷惑をおかけしました。来年、このコース(短縮版)のレースに出ますかね ・・・

Umeさんへ

7月の乗鞍スカイラインヒルクライムですね
今年のリザルトみたら
年齢別のマスターズクラスは
タマのタイムでも最下位にはならないですみそうなので
ビックリしました
レースに出る人は勝負にならないくらいレベルの高い人達だと
思ってたから

マスターズBは凄いですね
優勝者は1時間切ってるし
1時間半切るのもごろごろいる

いやー、自分の年齢がありがたい
プロフィール

タマ

Author:タマ
まずは自転車から ゆくゆくは料理、映画など好きなものも(の予定)
単身赴任の名古屋初心者

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。