スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒゲを剃る道具と流儀

今日は珍しいテーマ、男の生活道具について
ヒゲソリ ほぼ毎朝やっている日課

普段は手間も時間もかからない電気シェーバーを毎日使う
ていねいにウエットシェービングをすれば電気シェーバーでも相当深剃りができる
現在使っているのはラムダッシュ3枚刃(パナソニック)
ただし、性能が格段に進歩したとはいえカミソリにはかなわない

そこで週末などに気が向いたら時間も手間もかかるが気持ちよく剃りあげてくれるカミソリで剃っている
現在使っているのはジレットフュージョン
SN3B1033.jpg
数えたら5枚も刃があった

と、ここまでは男性諸氏にとっては珍しくもない普通の話

感銘を受けたのはコウジさんのブログの
クラシックシェービング

男のヒゲ剃りは「電気かカミソリか」の2種類ではなく
「電気かカートリッジ刃カミソリか両カミソリか」という3種類なのかも

床屋さんで単刃のカミソリでヒゲを剃ってもらったときの快感
ヒゲを剃るときのカミソリは「1枚の刃を人間の手で角度調節しながら肌にあてがう」ことで威力を発揮する
コウジさんブログで紹介されている両刃カミソリも肌にあてるのは1枚の刃
床屋さんのに近い剃る機能がありそうだ
しかし両刃は慎重に手を動かさないと誤って肌を切ってしまうリスクを伴う

かくして「安全カミソリ」なるものが発明された
刃の周囲に囲いをつけることで少々雑に手を動かしても肌を傷つけることはない
代償として刃の角度は人間の手の動きに関わらす常に固定されている

角度が固定されたことで劣ってしまった剃り味を改善するための工夫
それが多枚刃化だ
かつて登場時に画期的だった2枚刃カミソリに始まった多枚刃化競争は今や5枚刃が普通という状況だ
これがカートリッジ式のカミソリ

だが間違ってはいけない
5枚の刃があろうとも、肌にあてる角度と強度の自由をもつ1枚刃には剃り味でかなわないのだ

1枚の刃をあやつりヒゲをそるクラシックシェービング
いつかは挑戦してみたい
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

まさかこの話題で

まさかこの話題で広がるとは思いませんでした。
私が使っている両刃かみそりは安全カミソリと変わりません。ジ○ットや○ックの○枚刃と変わりません。当てる角度にそれほど自由はありません。刃と平行に動かすと切れるのは一緒です。ただ理容店で使用している単刃は風船で練習するなどしないと危なそうです。一般には買えません。理容店のも今では替刃です。昔は日本カミソリで剃ったこともあったようです。8年ほど前にやめてしまった理容店では使ってました。日本カミソリは日本刀と同じだそうです。今ではほとんど製作できる人がいないと聞きました。カミソリは何で阿あれ石鹸をブラシで泡立てると違いますよ。ただし1分以上顔にブラシで何度も泡立てる必要があります。その後保湿クリームをつけるとまるで理容店で剃ったようになります。
プロフィール

タマ

Author:タマ
まずは自転車から ゆくゆくは料理、映画など好きなものも(の予定)
単身赴任の名古屋初心者

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。