スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CAAD12 試乗

DSC_0574.jpg

先代CAAD10はアルミフレームの最高峰ともいえる名機
筆者もかつて試乗させてもらい、そのオールラウンドな高性能には驚かされた

その最新進化型に試乗するので、当然「アルミという素材をどう進化させたのか」という
期待をもって走り始めた
のだが、、、、
(提供ワイズロード名古屋

アルミバイクであることをやめたアルミバイク
それが試乗の結論だ

走り始めてみると
「ん? これってほんとにアルミフレーム?」
という感触にとまどう

おかしい
距離が伸びても
峠を登って、下っても
ちっともアルミの感触が感じられない

路面の凹凸からくるショックをほどよく吸収し
乗り心地は凡百のカーボンフレームよりも快適

ペダリングに対する応答は、BBまわりがゴッついフレームによくある硬質なものではなく
筆者の好む心地よいしなりをともなう優しい乗り味だ
ケイデンスで80から100くらいの巡航のときは特に快適
ペダルへの入力とフレームの応力が見事にシンクロして
まるでフレームが人間との息のあった共同作業でバイクを前進させているかのような
愉悦を味わえる

路面変化や段差のショックの吸収性、ハンドルから伝わってくる衝撃の少なさ
長距離でも疲れない乗り心地の良さ
どれをとっても筆者が知る出来のよいフレーム(数十万円はする)に匹敵する

いろいろなモデルに試乗させてもらっているが
乗ってみるとわかることのひとつに素材感というのがある
アルミにはアルミの素材感、カーボンにはカーボンの素材感があるものだ

ところがこいつからはアルミという金属の素材感が全く伝わってこない

実際走っている最中、筆者は試乗車に乗っていることをたびたび忘れた
つまりカーボンフレームバイクに乗っていると錯覚するくらい「金属」を感じさせないのだ
それどころかミドルグレード以上の高価なカーボンフレームが提供してくれる気持ちよさを持っている

これは勝手に自分の好みで決めているだけだが
「よくできたフレーム」とは乗り手を気持ちよくさせてくれるものだと思っている
たとえばペダリングが楽しくなるような、前に進むための適度なしなり
たとえばバイクを自分の体の一部のように感じられる一体感
そんな気持ちよさだ

この気持ちよさはカーボンだから、アルミだからというものではない
高価なカーボンフレームなのにちっとも気持ちよくないフレームもあれば
アルミフレームにも気持ちよいフレームはある

それでもカーボンフレームは非金属素材であることを感じるし
アルミフレームは当然、金属素材であることを感じる
これはどちらがいいとかではなく、それぞれの素材がもつキャラクターだ
カーボン素材はアルミより軽くて振動吸収性が高いキャラで
アルミ素材はカーボンよりシャキッとした手応えがキャラだ
少なくとも今まで乗ったことのあるフレームはそうだった

CAAD12はそうしたアルミフレームのキャラを捨て去り
カーボンフレームと同じ土俵で勝負を仕掛けてきた

試乗の翌日、自分のバイクに乗った
いつも乗っている自分のバイクとCAAD12
より気持ちよかったのはどちらか?

認めたくない結果をつきつけられ、正直落ち込んだ(笑

因みに自分のフレームは定価23万円
CAAD12はフレームで16万5千円である

上質なカーボンフレームのような乗り味をアルミフレームで実現できたということは
「もっとアルミ素材のキャラを立たせた味付け」や
「もっと戦闘的で硬質な味付け」のアルミフレームも
カーボンフレーム並みの乗り心地と両立させつつ実現できる可能性があるということだ

こいつの出現はひょっとしたらフレーム素材の考え方を根本から変える出来事かもしれない
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

タマ

Author:タマ
まずは自転車から ゆくゆくは料理、映画など好きなものも(の予定)
単身赴任の名古屋初心者

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。