スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しまなみ海道1日目

来島1
しまなみ海道。三つある本州四国連絡ルートのひとつ
広島県尾道市と愛媛県今治市を瀬戸内海の6島を経由して7橋で結ぶ風光明媚な海上路
自転車で本州四国間を渡れるよう橋ごとに自転車専用アクセス路が整備されているのが特徴
自転車に乗るようになってから、いつかは行ってみたいと思っていた憧れのルート
愛知県サイクリング協会主催のしまなみ海道サイクリングツアーに参加
貸切バス&バイク輸送用トラック(レンタカー)で2泊3日(うち行きの1泊は車中泊)のツアー
ツアーバス
輪行と違いバイクもそのまま積んでもらえるしサイクリング中に荷物を背負う必要もない
(泊まり用の荷物はバスが宿まで運んでくれる)
経験豊富な協会の自転車通が企画しただけあって自転車乗りにとって理想的なツアー
NEC_Sトラック
サイクリングのスタートは愛媛県西条市の松山自動車道石槌山SA
早朝7時。前日の夜名古屋を出発したバスで車中泊したツアーメンバー、みんな元気そのもの
てきぱきと着替えて一刻も早く走り出したい様子
まだ眠くて体が目覚めていないタマは置いていかれそうな勢いである
四国から渡る場合しまなみ海道最初にして最長の橋が来島海峡大橋
NEC_S来島3その2
路面部分の構造体の厚みがほとんどない、非常に繊細な造りの美しいつり橋
NEC_S来島2

2番目の橋、伯方大島大橋を疾走中
NEC_S伯方大島

3番目 大三島橋 
大三島

4番目 多田羅大橋
NEC_S多田羅
この橋のサイクリング路は橋脚の真下にこんな看板と拍子木がある
NEC_S鳴き龍
この拍子木を「カーン」とたたくと幾重にも重なった見事な反響音が聞ける
多田羅橋を自転車で渡る際は拍子木をお忘れなく
(車は止まれない場所なので自転車か徒歩でないとこの不思議体験はできない)
初日はここまで約80KMを走り生口島の旅館で一泊
NEC_S住之江旅館
途中、来島海峡の観潮船で渦潮や造船所見学したり
亀老山(きろうさん)という標高300Mの山でヒルクライムしたり
海鮮バーベキューを食べたり、と海峡を満喫して一日目が終わった
(以下次号)

スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

タマ

Author:タマ
まずは自転車から ゆくゆくは料理、映画など好きなものも(の予定)
単身赴任の名古屋初心者

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。