スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤祭りハシゴ

130427_00.jpg

桜の季節が終わると藤の季節、、らしい
130427_01.jpg

名古屋の藤の名所、曼陀羅寺公園と天王川公園を
クルマと自転車の合わせ技で
1日で制覇する野心あふれる企画(笑
130427_02.jpg

まずは曼陀羅寺公園
130427_03.jpg

見頃です
130427_04.jpg


130427_05.jpg

頭上の藤に負けずに
足元のぼたんもきれいです
130427_06.jpg

土日は混むと聞いていたので朝9時ごろ到着
比較的のんびり見れます
130427_07.jpg

でも帰る10時頃には近隣の駐車場はどこも満車でした
130427_08.jpg

130427_09.jpg

130427_10.jpg

天王寺公園に向かいますが駐車場は当然満杯に違いない時間なので
5、6km手前のガラガラの公共施設の駐車場にクルマをとめて
自転車で向かいます
130427_11.jpg

130427_12.jpg

曼陀羅寺とは違い品種は少ないですが
「寺」とは違い「公園」なので
規模がでかい
スケールの大きな藤棚が醍醐味
130427_13.jpg

130427_14.jpg

藤棚は上から見るとこんな感じになってるんですね
130427_15.jpg
天王川公園のすぐそばの津島神社
130427_16.jpg

なにげに由緒ある寺社がいたるところにあるのが名古屋です
130427_17.jpg


桜の次は藤。藤の次はあじさいですかね
日本に生まれてよかったと実感した1日でした
130427_18.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

ひよこの歯ぎしり 故郷

珍しく社会ネタ

よく知る人のブログで知った地方の抱える悩み
身近な人から聞くと問題の深刻さがリアルに伝わってくる
逆をいえば普段は「人ごと」としてたいして気にしていない(笑

でもそれじゃダメだよね



ひよこの歯ぎしり 故郷

自転車用ナビを使ってみた アトラスCM13(ユピテル)

サイクル用ナビを長期モニターでお借りすることができた

ユピテルHP

実売価格で約3万円という中級モデル

以下、約1ヶ月使用してのレポート

○と×

 コンパクトボディ ロードバイクのハンドルに装着しても違和感がない外形寸法
 明るく見やすい画面 真夏の直射日光下でサングラス使用でも判読可(画面輝度最大の場合)
 ルートラボが使える 
  
× 道案内はできない カーナビと違い目的地までのルートを教えてくれるわけではない
× 目的地検索はできるが使い勝手が悪い
× 使用状況によってはバッテリーが6時間くらいしかもたない
装着新21


液晶画面は速度や距離が表示されるメーターモードと
見やすい画面

地図上にリアルタイムに自分の位置が表示されるマップモードに
地図モード
ワンタッチで切り替えることができる

外形サイズはスマホよりかなり小さい
それでもタテ90mmヨコ50mm
個人的には装着しても不恰好にならないギリギリのサイズ
正直これ以上大きいものをハンドルバーにつけたいとは思わない
厚みは20mmあるが厚みを感じないように工夫されたデザインの
おかげであまり気にならない

装着新1
ロードバイクのハンドルバーに装着してもカッコわるくないギリギリのサイズ
この制約が本機の使い勝手を悪くしているのだが、、、それについては後述する

何ができて何ができないか

使ってみて一番便利だったのは
初めての道を1日かけて100kmとか走るグランフォンド系イベントやツーリングのときだ
事前にルートラボで作成したルートを本機にインストールしておく必要はあるが
当日はそのルートを画面に表示させながら走れるのでルートマップを持ち歩く必要がない
画面には走行中、常にリアルタイムで自分の位置が表示されるので
ルートを外れる心配もない
「もう少し行ったらY字路を左」といった情報が走りながら一目瞭然だ

また、その日自分が走った軌跡を本機で地図上に表示させることができ
速度グラフ、高低差グラフもパソコンを介さずに表示できる

さらに、速度、平均速度、積算距離、時刻、目的地までの直線距離、気圧、勾配
などが表示可能

自分で決めた区間ラップや区間速度なども簡単に計測できる

対してできないこともそれなりにある
まず、カーナビのような道案内の機能を期待してはいけない
GPSで現在地を表示することもできるし目的地検索機能もある
しかし現在地から目的地までのルートを検索して表示してくれる機能はない
地図上に表示されるのは現在地から目的地に向かって伸びる直線と
目的地までの直線距離

本機を装着して走ったルートはルートマップとして本機に蓄積されているから表示させることが可能
事前にルートラボを作成しておけば、そのルートも表示できる
しかし、そのどちらにも該当しない場合、地図上にルートが表示されることはない
また、心拍やケイデンスを計ることはできない(上位機種CM31SPではオプションで可能)

地図の使い勝手

地図の表示は見やすいのだが、縮尺を変えるには
それ用の画面に切り替えるというワンクリックが必要な点は不便
見やすい地図とはいえ、数センチの範囲に表示できる情報量は限られるので
画面をスクロールさせながら目的地を探すのはなかなか難しい

また国道や県道ではないマイナーな細い道が見えにくいのは早急に改善してほしい
国道と旧道を結ぶ地元の生活道路やショートカットで利用したい細い道が
地図上では背景と同系色のあまりに細い線で
日中の日差しの下ではほとんど見えない
車と違い自転車はあえて車通りの少ない旧道を走りたいことも多い
ポタリングで探索する際なども細い道が頼りだ
その道が画面で見えないのは困りもの

広域図にしたときにルートが表示されないのも残念だ
2.5kmスケールの表示にすると自分のルートが表示されなくなる
2.5kmスケールというのは例えば名古屋市全域を画面に収めるくらいの表示スケール
主要な国道、高速、県道しか表示されない
行程120kmのサイクルツアーのコースだとすると、コース全体を画面に表示するには
2.5kmスケールが必要だが、そのスケールでは自分のルートをみることはできないのだ

まとめ

使ってみてわかったのは「割り切り」が必要ということ
このサイズの液晶でできることには限界がある
そのことさえ承知で使えばこんな重宝なツールはない
ルートラボさえ準備しておけば
初めての土地でも安心してルートどおりに走ることができる
ルートラボを用意しなくても、目的地検索で目的地を指定すれば
走るべき方向と距離(直線距離だが)を示してくれる

カーナビのような道案内や目的地を画面スクロールで探すことを可能にするには
最低でも本機の1.5倍から2倍の大きさの液晶画面が必要だろう
その大きさを受け入れられる人には本機は向いていない

サイコンよりも少し大きいけどハンドルバーに装着しても許せる大きさ
本機はその制約のなかで可能なことに絞ったナビ&サイコンとして存在価値がある
装着2


おまけ
フラッシングライト_プ_img.jp

本機についているフラッシングライト
夜間走行でこちらの存在を知らせる装備、とうたっている
 が
そもそもが小さくて光量のないLEDで
なぜか下向きに(ハンドルの真下の地面に向いて)光るようになっている
どう考えても自転車に乗っている人が考えたとは思えない使えない装備だ(笑

勾配表示や高度表示はかなり誤差があるようだ
一定の斜度の坂を上っているのに表示が3%→8%→6%と変わってしまうことがあった
マニュアルどおりセンサー補正はしたのだが、、、、
高度も一緒に走っている人の他社のサイコンとは表示高度が10%くらい違う
どちらが正しいかはわからないが、、、、
これがこの個体だけの症状なのかどうかはわからない

速度と走行距離については実用上問題ない正確さだと思う



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

舘山寺温泉

富士山2
大晦日から一泊で浜名湖舘山寺温泉へ
東名厚木近辺では富士山がきれいに見えた

渋滞もなく3時間で舘山寺温泉に到着

お昼はうな丼
うなぎ

「志ぶき」というお店だったが
メニューにひつまびしがある
東京のうなぎ屋さんにはひつまぶしはないから
せっかくの機会ということで娘はひつまぶしを注文
味に変化をつけて飽きずに食べれると満足していた

欲をいえば名古屋では珍しくない関西風の「蒸さない」うなぎ
を経験させてあげたかったが
こちらのうなぎは関東風の上品なお味でした


舘山寺温泉から車で20分ほどの竜ヶ岩洞
地中に400m続く鍾乳洞
洞窟内は年間を通じて18度なので
適度な湿度とあいまって寒さしらずで快適
ルートの再奥部にある地底湖に落下する滝は見事


寺門
まだ時間があるので近くの龍潭寺
井伊家の菩提寺で江戸初期に作られた庭園(小堀遠州作)が美しい
庭園3

庭園1

庭園7

庭園00


元日は浜松市動物園へ
くじゃく

先着100名さまの新春プレゼント「孔雀の羽」をゲット
(もちろん本物)
我が家で留守番しているビビへのいい土産

ヒグマ、シロクマ、ペンギン、ニホンザルなどは
さすが寒冷地出身だけあってみな元気

一方、トラ、ライオン、ゴリラなどは
「寒くてやってらんねえよ」てな感じで
うずくまって動かないやつが多い
毛布をかぶって壁を背に丸くなっていたチンパンジー君
は寒さを表現するコンテストをやったら
人間のプロの役者も負けそうな訴求力である

生後1年くらいのお子ちゃまカンガルーが
芝生広場に放されてみんなからエサをもらっていた

カンガルー1

カンガルー2

動物園から三ケ日インターへの道路わきに
三ケ日みかんの無人販売所があったので車を停める
大粒なみかんが5,6個入って100円!
安いので味は期待しなかったがこれがメチャうま

引き返してもう二袋追加購入しました(笑





テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

大須大道町人祭

大須
雨でも気にせず買物ができるアーケード
安い食材が調達できるスーパーサノヤ
たこ焼き、台湾風から揚げ、焼きパオズ
といった魅力的な屋台フードの数々
PCショップ、古着屋、プラモデルショップ、、、

東京でいうとアメ横と秋葉原と武蔵小山と渋谷センター街を
合わせたような不思議な街

ここで開催される祭の情報をタクチックさんからいただき行ってみた

それは大道芸人のお祭
大須商店街のそこかしこ17箇所で1日中パフォーマンスが行われている
どこも特にステージがあるわけではない
商店街の一角が今日と明日限りのステージ

最初に見たのはデカルコ・マリィ
SN3B1312.jpg
前衛舞踏パフォーマンス
すぐ目の前で全身を使って表現されるそれは
写真や言葉で伝えるのが無理な「何か」でした

次の場所へ移動する途中でくるくるシルクDXのサーカスパフォーマンスの後半を見て
人間美術館雪竹太郎

金のしゃちほこ
SN3B1316.jpg
考える人
SN3B1317.jpg

圧巻は観客5人との共作したピカソのゲルニカ
SN3B1319.jpg
どこがどうゲルニカなのかは?だが
その場にいる者全員がそのスケールの大きさを共有した瞬間
写真ではこの大作感がお伝えできないのが残念

3ガガヘッズ(スリーガガヘッズ)
SN3B1324.jpg
おバカで脳天気でハッピーなパフォーマンス

un-pa(うんぱ)
SN3B1327.jpg
新感覚パントマイム

石原耕 ガマの油売り
SN3B1326.jpg
ご存知大道芸といえばコレ
いいねえ、古典は
安心して見れるねえ
これも移動途中だったので後半しか見れなかったけど

Mr.アパッチ
SN3B1328.jpg
ジャンルとしてはジャグリングだが変幻自在に客をいじるトークと
アクロバティックな技の緩急のコンビネーションが絶妙
本日のナンバーワンパフォーマンス
SN3B1331.jpg

このほかにもじっくりは見れなかったが
大須のいたるところで人だかりができていて
その人だかりをのぞくとファイヤーダンス、手品、アクロバットなどなど
様々なパフォーマンスが目の前で繰り広げられている

普通に買物に来た人も足を止めるし
お目当てのパフォーマーを最前列で見ている人もいる
老若男女、外国人もたくさん
どの顔にも驚きと笑みが溢れている

昔からの商店街ならではの知恵と連帯が可能にしたワンダー空間

タクチックさんがいうとおり
名古屋が世界に誇れる祭

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

プロフィール

タマ

Author:タマ
まずは自転車から ゆくゆくは料理、映画など好きなものも(の予定)
単身赴任の名古屋初心者

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。