スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひよこの歯ぎしり 故郷

珍しく社会ネタ

よく知る人のブログで知った地方の抱える悩み
身近な人から聞くと問題の深刻さがリアルに伝わってくる
逆をいえば普段は「人ごと」としてたいして気にしていない(笑

でもそれじゃダメだよね



ひよこの歯ぎしり 故郷

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

でもそれじゃあダメですか?

過疎地の問題は、田舎だけではなく私の住んでいる名古屋のど真ん中でも、似たような物です。

昔は学年に5~6クラス有った小学校が今では、2~3クラス。
商店街は、シャッターが閉まり、歩く人もまばら。

その土地に光る魅力がなければ、いくら行政が補助金を積んでも、
いくら人が懐かしんでも、廃れて行くだけです。

懐かしい故郷は、心の中だけで十分ではないかな。

地方が無くなる。は、便利な都会に住んで居る者の、おごりではなかろうか?

ちょとだけ、すいまえん。

それでいいとも、、、

都会からあーだこーだいうだけは誰でもいえます
その意味ではおっしゃるとおりおごりですよね
それじゃダメ、といいたいのは
この国の今の状況を
人ごとじゃなく自分の問題として考えないと
ダメですよね
との意味です
都会と地方は対立軸ではないし
懐かしい故郷さえ幻想かも

No title

お邪魔します。
「地方がなくなる」は、うまく表現(意訳?)できないんですが、現実にそこ(私の故郷の郡部)に住んでる友人の言葉です…。「国は地方なんかなくなってもどうでもいいと思ってるんだべな」とぽつりと漏らした幼馴染のつぶやきが、私は忘れられません。彼女にとっては完全に「地方」は「国」を構成している一部ではなく「国=中央」と価値観その他が対立する地域という概念なのです。

懐かしい故郷が心の中だけで十分、と思えるのは、今「地方」に住んでない自分のような人間にとってはそうでも、今そこにまさに生活している人間にとっては「思い出の場所」なんかではなく「現実に生活していかなくてはならない場所」なのだと思います。

失礼しましたm(_ _)m

プロフィール

タマ

Author:タマ
まずは自転車から ゆくゆくは料理、映画など好きなものも(の予定)
単身赴任の名古屋初心者

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。